謎の記録帳。
遊戯王デッキブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルレジェ1キル

【ギルフォード・ザ・レジェンド1キル】 〔メインデッキ:40枚〕

〔上級:1枚〕
ギルフォード・ザ・レジェンド

〔魔法:39枚〕
天使の施し 打ち出の小槌×3 封印の黄金櫃×3 名推理×3
大嵐 ハリケーン×2 死皇帝の陵墓×3 テラ・フォーミング×3
団結の力 魔導師の力 巨大化×2 デーモンの斧×3 凶暴化の仮面×3
閃光の双剣-トライス×2 流星の弓-シール×2
戦士の生還×3 死者転生×3


CGI用縦書きテキストデータ


ギルフォード・ザ・レジェンド 〔地〕 ☆8
【戦士族・効果】 ATK/2600 DEF/2000
このカードは特殊召喚できない。
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在する装備魔法カードを可能な限り自分フィールド上の戦士族モンスターに装備する事ができる。


ギルフォード・ザ・レジェンドなんて言われても思い出せなかったりむしろオリカかと思ったりする人も多いのではないかと思います。
ギルフォードと言ったらギルフォード・ザ・ライトニングが思いつき、レジェンドと言うとレジェンド・デビルのほうがまだ有名なくらいのマイナーカードにして特殊召喚ができない最上級な上に何故か攻撃力もライトニングより低い上に効果も役立つのか謎のへたれカード。その正体はストラクチャーデッキ「戦士の伝説」の新/ウルトラレアカードです。このへたれ加減はストラクチャーならではなので仕方がありません。

最近、なんとなく戦士の伝説を購入しようかと思ったので、「せっかくウルトラレアなんだし、こいつが何にも使えないようではなんだから、こいつを使ったデッキを作ってみよう」とか考えて作ってみました。
そんなどうでもいい前書きは置いておいて。

この1キルは、デッキ内容見れば分かる気もしますが、
名推理+戦士の生還+死皇帝の陵墓
の3枚で決まります。

デッキにはギルレジェしかモンスターが入っていないので、名推理を発動すれば必ずギルレジェが出ます。また、何を宣言されようと、ギルレジェは特殊召喚できないので、ギルレジェを含むめくったカード全てを墓地に送って処理が終了します。名推理なのに推理が何の意味もないとは是如何に。

次に、墓地に落ちたギルレジェを戦士の生還で回収します。
最後に陵墓を発動して2000払って通常召喚。ギルレジェの効果はこの手の効果にしては珍しく、生け贄召喚じゃなくても「召喚」なら発動するところがポイントです。

さてここで、名推理によって以下の装備がデッキから墓地に落ちてくれている予定です。

巨大化+魔導師+斧or凶暴化×2+シール の5枚
または
魔導師or斧or凶暴化×3+シール+トライス の5枚

前者なら、
2600*2+3000+1000*2-1000=9200
で直接攻撃可能な攻撃力9200が誕生します。(ちなみに魔導師はフィールド魔法である陵墓の分も数えるので3000アップ)

後者なら、
2600+1000*3↑-1000-500=4100↑
で直接攻撃可能かつ2回攻撃可能な攻撃力4100以上が誕生します。2回攻撃すれば8200ダメージです。

後者の場合には、相手の場にモンスターがなくてもシールを付けないと、一度目の攻撃でゴーズを出される可能性があるので注意。
相手モンスターがいれば、どちらにせよクリボーなどで防がれなければ勝利です。

相手に伏せカードがある場合には、危険なので大嵐かハリケーンも半ば必須になります。
最近は伏せなしプレイもよく見かけるようになったので、割と必要なかったりもします。

陵墓はテラ・フォーミングで呼べます。戦士の生還は死者転生で代用できます。名推理もゲートで代用可能ではあるのですが、入れると生け贄をどうするかとかで調整がめんどくさいので入れてません。

別にモンスターはギルレジェ1枚の必要もないよなーとか防御カード入れないと黄金櫃の2ターンもライフ2000以上残して耐えるのが難しいんだよなーとか別に罠も入れてもいいよなーとかありますが、そろそろ飽きてk(ry

まあぶっちゃけ調整不足なので勝率は悪いです。
興味が湧いた人は是非開発して強くしてください。



……結局戦士の伝説を買うかどうかは決まらなかったのであった。
ノーマルをシングルで売ってる店があったら欲しいカード全部シングルで集めたほうが安そうだよなあ……。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
通りすがり
名推理の、デッキをめくる効果は、たしか特殊召喚可能なモンスターがでないままデッキが尽きた場合、確かめくったカードを全てデッキに戻してシャッフルして処理終了になるんでは無いでしょうか?
【2006/12/01 15:48】 URL | #- [ 編集]


>めくったカードを全てデッキに戻して
それは『通常召喚』が可能なモンスターが出なかった場合です。
ギルレジェは通常召喚が可能なので名推理の条件を満たすためデッキをめくる処理はそこで終了し、特殊召喚はできないので残りのカードと一緒に墓地へ送られます。
【2006/12/01 16:17】 URL | ××××× #EGTCt1XI [ 編集]

^^
Good idea
Your deck is interesting and powerful!
Keep up for best of best ^^
【2006/12/04 20:14】 URL | JJ #OHthb7Mw [ 編集]


どうもありがとうございます。
【2006/12/11 19:06】 URL | ××××× #- [ 編集]


早速使わせていただきました。
ひとつ思ったんですが、キーカードが集まりにくいですね。
死皇帝や戦士の生還をそろえるために、魔法石の採掘を入れてもいいかもしれません。
名推理で早めに落として、魔法石の採掘で回収が早いと思います。
装備系を捨てればいいですし。
【2006/12/18 21:11】 URL | ジャンとクライム #hrxbFc7. [ 編集]


死皇帝の陵墓の効果には~払って特殊召還とか書いてあるから
ギルフォードは召還できないのではないでしょうか?
http://yugioh-db.com/database.cgi?keys13=%8E%80%8Dc%92%E9%82%CC%97%CB%95%E6&keys1=&keys4=&equal5=&equal6=&up7=&down7=&up8=&down8=&up9=&down9=&keys10=&keys11=&equal12=&up2=&sort=&print=100
【2006/12/23 19:26】 URL | noname #cRy4jAvc [ 編集]


>ジャンとクライムさん
たぶん採掘・再生を入れてなかったのは
・このデッキでは一番引きにくいキーカードである名推理がないと意味ない
・陵墓と生還はテラフォと転生合わせて6枚ずつなので割と引きやすいはず
・転生のコストとか小槌とか考えるとコスト2は重いかも
とか考えたような考えなかったような感じの気もしますが、1ターンで決まることなんてほとんどないことを考えれば3番目は関係ないので、名推理を手札に加えられるまで生きられれば揃うように採掘・再生数枚入れとくのもいいですね。
抜けるカードは団結と小槌くらいですね。

>nonameさん
そのカードリストのテキストの「特殊召喚」の部分を「通常召喚」に直すと正しいテキストになります。
【2006/12/24 13:05】 URL | ××××× #- [ 編集]


×××××さんのこのギルレジェ1KILLを見て、とても良いデッキだと思ったのでコメントさせて頂きます。
最初はこのデッキをコピーしてそのまま使っていたのですが、自分なりにアレンジや改良を加えて以下の形になりました。
<上級モンスター2枚>
ギルフォード・ザ・レジェンド 混沌の黒魔術師

<下級モンスター1枚>
デビル・フランケン

<魔法37枚>
巨大化×3 ハリケーン×2 団結の力 魔導師の力 デーモンの斧×3 戦士の生還×3 テラ・フォーミング×2 閃光の双剣-トライス 流星の弓-シール×2 デビルズ・サンクチュアリ×3 死者転生 名推理×3 モンスターゲート×3 死皇帝の陵墓×3 打ち出の小槌×3 天使の施し 大嵐 手札抹殺
この形によって様々な方向から1KILLをすることが可能になりました。
回し方は×××××さんなら分かると思うのであえて載せません。
と、言っても普通に誰でもわかりそうだけど(ぇ
もし、よければ返信お願いします。
【2007/01/15 21:37】 URL | L #Au4w6Xss [ 編集]


お褒めの言葉&改良ありがとうございます。

このデッキでは事故要素になりがちな櫃と、やりすぎっぽい転生とテラと仮面を抜いてスペースを確保、ゲートとサンク入れるなら混沌黒も、巨大化とシールあるからデビフラも、といい感じにまとまってますね。
【2007/01/17 21:16】 URL | ××××× #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://deck.blog33.fc2.com/tb.php/41-06ba9b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。